毎度ありがとうございます。
イソー・インターナショナル安田です。

 

 

いま、「闇営業」が世間を騒がせていますが、
ポスティング業界にも闇営業みたいなことはあるのでしょうか。

 

結論から言うと、99.999%、無いでしょう。


例えばピンクチラシや闇金業者のチラシといった
非常にグレーだったり完全アウトな広告物の投函に対して、
いま、かなり取締まりが厳しいのです

(通常のチラシはもちろん取締の対象ではありません)。

 

なので、いわゆる反社と呼ばれる方々にとって、
ポスティングにはリスクしかない、
まったくオイシくない集客方法なのです。

 

というわけで、
いま世間で騒がれているような形での闇営業というものは、
ポスティング業界には存在し得ないと思われるのです。

 

ただ、別の意味でポスティング業界には闇営業があります。

 

それは、会社ぐるみでチラシの投棄をしていたり、
間引き配布を行っていると思われるような
悪徳業者と知っていながら、その会社に仕事を流すことです。

 

お客様の提示された単価では、
該当エリアを配布してくれる協力会社が見つからない。
そんな時に、格安で対応してくれる悪徳業者に
仕事を流してしまう。

これはもう闇営業ですよ。

 

少しでも怪しいなと思う会社には外注依頼をしない、
関わらない。


それによって受注枚数が減って営業担当者は
自分のインセンティブが減ってしまうかもしれませんが、
ダメなものはダメ。

「この単価でこのエリアを配布できるマトモな業者はありません、単価を上げてください」
とお客様にしっかり伝えるのが正当な営業の仕事です。

 

 

ポスティング業界をクリーンにしていくために、
全員が心がけていきたいところです。