毎度ありがとうございます。

イソー・インターナショナル安田です。

 

2019年7月21日、参議院議員選挙。

毎回そうですが、選挙期間はポスティング業界大騒ぎです。

 

というのも、各ご家庭に必ず届けられる選挙公報(新聞のような物です)

を配布するのが、ポスティング会社のお仕事です。

日本全国全世帯に公報を配布しなければならないわけですから、

全国のポスティング会社が一気に忙しくなるのです。

 

しかも公共性の高い案件なので、

「雨が降って配りきれないので期間延長してください」

などというわけにはいきません。

 

配りきれそうにない場合に協力会社に助けを求めようにも、

その会社もだいたいヒーヒー言っているわけで、

ヘルプは期待できません。

 

というわけで、期間内に自社の人員のみで絶対にやり切らなければいけない、

そういう案件なのです。

 

今回、弊社ではA区とB区を担当させていただきました。

いつもよく配布しているエリアで慣れているはずなのですが、

現場は案の定大苦戦。

 

原因はやはり連日続く雨。

鬱陶しく降り続く雨で、なかなか配布がはかどりません。

 

あとは配布物が非常に重いです。

新聞のような物を二種類同時に配布しなければならないので、

電動自転車を使っても各500部くらいしか積めないのです。

 

雨の中重いチラシを何度も何度も補充しながら配布するので、

非常に大変なわけです。

 

初日の配布を終えた時点で進捗が悪く、

社員も含め総動員で配布をしなければヤバいという状態に・・・。

 

 

配布員だけでなく管理者レベルの内勤から役員、

そして一応社長である私まで配布を行うという総力戦。

 

 

ポスティングという仕事は、普段そこまで他の配布員と

力を合わせて頑張るみたいなことって無いのですが、

今回の選挙公報は配布員同士で協力しあってエリアを埋め、

みんなで一致団結してやり抜くという、

なかなかいい雰囲気でやり通すことができました。

 

普段雨だと休む人も出勤してくれたり、

いつもは週4日しか出勤しない人が毎日出勤してくれたり、

とても助かりました。

 

結局全員の力を合わせた結果、

無事に期間内に配布完了ができました!

 

このコンディションの中、選挙公報をやり切ったことは、

会社にとって非常に大きな経験になりました。

 

みんな頑張ってくれて本当に感謝です。

 

 

これからもイソー・インターナショナルはガンガン行きますので、

宜しくお願いします!!