毎度ありがとうございます。
イソー・インターナショナル安田です。

 


コロナウイルスの猛威が止まりません。
全国的に自粛ムードが続き、様々なイベントが中止を余儀なくされています。

 

その中でも一際話題にあがっているのが、
「春のセンバツ高校野球が中止」というニュースです。

 

他にも色々な大会が中止・延期を余儀なくされている状況ではありますが、
わかりやすくメジャーな内容なので話題になっているのでしょう。

 

いわゆる「甲子園の土を踏む夢を絶たれた・・・」
という非常にわかりやすい内容ですから、
賛否両論ありつつ、とにかく注目度が高いテーマとなっています。

 


「甲子園を夢見る選手たちの気持ちをわかっていながら、
日本全体のことを考えた英断だ」
と称賛する声もあれば、
「政府のいう避けるべき場所の中に、甲子園は当てはまっていない。
全体としてムードに流されすぎているのではないか」
と批判する声もあるわけです。


私も会社のトップに身を置く者として、
個別の事情よりも全体の利益を考えることの重要性は十分認識しています。
ですから、基本的に開催中止という判断を支持しています。


ただやはり、学生時代にスポーツをガチでやっており、
社会人になってからもスポーツの指導を生業としていたことのある
自分もあるわけです。そちらの視点からみると、
なんとかして開催することはできなかったのかな、というのも正直あります。

 


甲子園の土を踏むという目標のために死にものぐるいで
努力してきた高校球児たちから、
その大会そのものを奪うというのは非常に酷な話です。


かといってコロナを蔓延させてしまうかも知れない中での
開催という判断は下せない、というのもわかります。

 

無観客試合ならいけるのでは?という気もするのですが、
大事を取って、というところなのでしょう。

 

であれば、コロナパニックが落ち着いた頃にこの大会を延期して実施するとか、
夏の大会開催時に並行して実施してあげるとか、
そういった措置を検討してあげても良いのではないでしょうか。

もちろん他のスポーツ大会に関してもそうです。

 


ちなみに個人的な意見ですが、こういった大会というのは
あくまでも教育の一貫として行われるものであると思っています。


人生の中でこのような理不尽な事態というのは間違いなく起こります。
このようなときにどう向き合うのか、そのケアや指導を行うのが大人の役目です。

 

「人がたくさん集まるとコロナが蔓延するから、大会は中止だよ」
と選手たちに通達する中で、
マスクもしない大人たちが大勢集まってその大会中止についての会見を行っている。
これを見た青年たちは、果たしてどう思うでしょうか。

 

 

しっかりまず、大人たちがマスクをして必要最低限の人数だけで会見をする、
それでいかにコロナ感染拡大の状況に対し危機感を持っているのかを
きっちりと子供たちに示す。
その上で、これは仕方のないことなんだ、ということを理解してもらい、
そこからこの事態でどう向き合うか、どう気持ちの整理をつけるか、
というのを一緒にケアしていく。

これで初めて、教育的見地から大人が取るべき
正しい本件の扱い方といえるのではないでしょうか。